よくあるご質問

よくあるご質問

不妊治療中です。ホルモン剤等服用していますが漢方薬と併用できますか?

Q
A

もちろん可能です。漢方薬は内臓や血流・気血の働きを高め妊娠しやすい体つくりができます。ホルモン剤の効果を高めたり、副作用が出にくくしますので、お医者様の治療と共に是非試してみてください。

卵巣の機能低下を改善して質の良い卵子を作ったり、内膜の血流を良くして着床しやすくしたり妊娠をめざす方のお手伝いができます。

是非、妊活にも漢方薬を取り入れてください。

新型コロナウィルスなどの感染症に良い漢方薬はありますか?

Q
A

昨今の状況をみると、感染症が心配ですが、なんと言っても体力、抵抗力を落とさないようにしなければなりません。病気にかかりにくい体、かかっても治りやすい体つくりをしておけば安心です。体力不足や疲れがたまっている方、胃腸虚弱や風邪をひきやすい方、花粉症やアレルギー体質の方や高齢の方も是非漢方薬で体調管理をしてみてください。また、漢方薬で予防に役立つ生薬には黄耆や免疫を調整する霊芝などお勧めです。黄耆は、「衛気」と言って粘膜や皮膚にバリアを作る防衛力を強める働きがあり、風邪やインフルエンザはもとより花粉症予防にも効果を発揮します。

 

また新型コロナ感染において中国では、7万人以上の感染患者に漢方薬と西洋薬の併用治療を行い、重症化を防いだり回復を早めるのに漢方薬が貢献しました。日本では、なかなか難しいことですが、まずは予防!

漢方の考えも取り入れ、健康維持に努めてください。

  • 漢方的予防の第一歩  養陰と益気

粘液層・粘膜層強化と乾燥を防ぎ免疫力を高める粘膜に潤いとバリア機能のある漢方薬(お肌にも良い‥)を普段から服用しましょう。

  • 鼻呼吸を心がける  慢性鼻炎や後鼻漏を治しましょう。

口呼吸になると、ウィルスなどが直接肺に入る可能性が高くなります。

  • 胃腸の働きを整える  胃腸の働きを整え腸管免疫強化

下痢・便秘の改善をめざしましょう。腸管も粘膜で覆われ、食べ物など異物を最初に体内に吸収する器官で実は免疫細胞がたくさんあるところ。実に70%の免疫細胞は腸にあるとも言われています。

腸を元気にして、便秘下痢を改善し腸を整えておくことは大切なことです。

  • さらに、血液サラサラに!

コロナで重症化すると肺の中でいわゆる免疫の暴走-サイトカインストームが起こり自己の細胞まで攻撃してしまいます。

これを防ぐために中国では「血必浄」という丹参や芍薬・紅花などの活血の生薬配合薬が使われています。脳梗塞や腎不全の併発も報告されていますので、活血もキーポイントになります。

Q

漢方と中医薬の違いは?

A

中医学とは中国漢方を指し、漢方の本場中国で2千年もの間発展し、体系立てられた理論を持っています。
この医学が日本やお隣の韓国にも伝わり、影響を受けながら独自の発展をしました。従来の日本漢方と言われているものは、中国漢方とは診断法やお薬を選ぶ方法が異なりますが、基は同じもので使うお薬も共通するものがたくさんあります。
ただ、中医学の方が体系的にしっかりしていて、より正しく体質を判断したりできますので、当店では日本独自の漢方の良い点も取り入れながら、中医学を基にお薬を選ばせていただいております。

Q

漢方療法の特徴は?

A

ひとりひとりの体質にあった医療を考えること。
中医学には、「同病異治」という言葉があります。
これは同じ病気でも、その人の体質や症状により治療法が異なるということで、お客様と向かい合いじっくりご相談して、体質や症状を見きわめて治していくということです。
また、ただ症状を取るということでなく、その原因を探り根本から治すことを目的にしていますので、体質を改善して本来持っている自然治癒力や免疫力を引き出すこともできます。
ですから「異病同治」と言って、いくつもの症状も同時に取れていくことも可能になります。

Q

漢方は効くのに時間がかかるの?

A

漢方療法の特徴で述べたように漢方は本来持っている自然治癒力を引き出したり、体質を改善したりして治すものですので慢性病は少し時間がかかりますが、急性病などはそんなに時間はかかりません。
例えば風邪の場合、ほんとに初期なら一服飲めばすっきりしたと言うこともよく経験します。
本格的な風邪なら少し時間がかかりますが、西洋薬(普通の抗生物質や風邪薬)と比べても服用期間は同じくらいです。
また慢性病では、お医者まさのお薬を何年ものんでおられる方も多いですので、漢方だから時間がかかるとは言えないと思います。
症状や病気によりますが、まず、1〜2ヶ月様子を見て、改善が見られたらじっくり治るまでお続け下さい。
あきらめず、お続けいただいたら必ず良い結果が出てくるものです。
まずはご相談ください!
元気にイキイキ、楽しい人生を漢方薬を通してお届けします!

 漢方  ワカマツ薬局 概要

漢方ワカマツ薬局の外観

 漢方  ワカマツ薬局

カラダにやさしい漢方薬・自然薬で

あなたやご家族の健康をお守りします。 

ご質問やご意見、ご要望などはございますか?

お気軽にお問い合わせください。皆さまからのご連絡をお待ちしております。

〒665-0003 兵庫県宝塚市湯本町5-3

TEL:0797-84-7405

FAX:0797-84-7400

営業時間:10:00〜19:00

定休日:日・祝日

 アクセス 

阪急宝塚線宝塚南口駅より徒歩4分、JR宝塚駅より徒歩10分です。

お車でお越しの場合は、当店横に無料駐車場がございます。ご予約の際に「無料駐車場を希望」とお知らせいただけますと助かります。無料駐車場が先約で埋まっている場合は、ご来店の際にお声かけいただけましたら有料駐車場をご案内させていただきます。